「エネルギー関数」を用いてコンピューターに概念を機械学習させる

機械学習の効率を高めるため、エネルギー関数を用いて2次元上に存在する点に関する「近い」「上側」「間」「最も近い」「最も遠い」といった概念のインスタンスの識別・生成を行える学習モデル「Energy-Based Model」の研究結果が発表されました。このモデルを使うと、わずか5回のデモンストレーションを行うだけで機械学習が行われ、その成果は2次元だけでなく3次元にも応用が可能であるとされています。

続きを読む…

Source: gigazine
「エネルギー関数」を用いてコンピューターに概念を機械学習させる