出生時に引き離された娘と母、69年ぶりに再会

米フロリダ州に住む88歳の女性が、生まれた直後に引き離され、死んだと聞かされていた娘と69年ぶりの再会を果たした。

88歳になったジェネビーブ・プリントンさんは、1949年にインディアナ州の病院で女児を出産した。しかし生まれた子どもに会いたいと頼んだところ、死産だったと告げられた。

娘のコニー・モルトループさん(69)は言う。「母は未婚だったという理由で私が死んだと告げられた。私がまだ生きてい…

Source: CNN
出生時に引き離された娘と母、69年ぶりに再会