結婚回数やパートナーの数の傾向は母親から受け継がれる

結婚関係や同居関係における母親のパートナーの数は、その子どものパートナーの数に影響することが研究で示されました。また母親が結婚をせずパートナーと同居関係を結んでおり、子どもが長期にわたってその同居生活を経験した場合、大人になった子どもはパートナーの数が多くなる傾向にあるとのことです。

続きを読む…

Source: gigazine
結婚回数やパートナーの数の傾向は母親から受け継がれる