うんこが主役の「うんこミュージアム」が超映えスポットに!? うんこが噴火したり便器のプールで泳いだり…

2019年3月15日から横浜に期間限定オープンするのは、その名も「うんこミュージアム YOKOHAMA」

名前も思い切っていますが企画もブッ飛んでいて、「うんこ広場」「ウンスタジェニックエリア」(どういうこと)など、なにもかもが “UNKO” 尽くし!

実は世界的に見ればうんこにまつわる美術展示は珍しくなく、イギリスにはうんこ博物館まで存在するのですが、今回オープンする「うんこミュージアム YOKOHAMA」はアミューズメント感覚で楽しめる新しいうんこ施設だというのです。

【「うんこが飛び出す」広場でお出迎え】

仕掛け人は、これまで「うんこ演算」など数々のうんこ企画を世に出してきた株式会社カヤックで、究極の“ウンターテイメント”を作るべく、並々ならぬ情熱を注いでいるよう……。

気になる「うんこミュージアム YOKOHAMA」の内部は、4つのエリアで構成されています。

まず会場内のランドマークとなるのが、「うんこ広場」。巨大オブジェから定期的にうんこが噴火(!)するらしく、 飛び出たうんこが詰まった便器型プールで遊ぶことができるほか、 うんこ型のテーブルと椅子が並ぶ休憩スペースも完備されています。

【うんこで遊べるエリアがいっぱい】

そのほかには、プレイヤーのアクションに反応するうんこと戯れつつゲームを楽しむことができる「ウンタラクティブエリア」。

可愛くてキラキラしたうんこが並ぶ “うんスタ映え” の宝庫「ウンスタジェニックエリア」。

さらにはうんこの歴史世界のうんこ事情を知り、著名人が描いた数々のうんこ絵画をじっくり鑑賞することができる「ウンテリジェンスエリア」と、よくもこんなに思いついたな~!と感心してしまうほど、うんこ企画が大充実。

【BGMまで凝ってます】

極めつけは、うんこミュージアムYOKOHAMA内でしか聴けないという、完全書き下ろしのオリジナル楽曲

トラック制作は水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミさん、ボーカルはFrascoの峰らるさんが担当しているそうで、無駄に豪華~~~!!!(失礼)

【ネットユーザーが「うんこ」に反応】

この前代未聞の施設の登場に、ネットユーザーもザワついている模様。ツイッターをのぞいてみると

「ワロタwwwwwwwwwwwwwww 」
「知能が小学生の頃に戻りそう」
「行きたいってか住みたい」
「やっと時代が追いついてきた、俺達に」
「何があるんだろう 気になってしょうがない……」

といった具合に、ワクワクしている人から若干不安を覚えている人までさまざま。

ツッコミどころ満載の「うんこミュージアム YOKOHAMA」は2019年3月15日から7月15日まで横浜駅東口のアソビルで開催予定。ただいま事前予約チケットが発売中なので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

なおオープンから3日間は、来場者全員に “ウン試し特典” としてオリジナルノベルティをプレゼントしてくれるそうなので、こちらもお楽しみに~!

参照元:プレスリリースうんこミュージアム YOKOHAMATwitter検索 うんこミュージアム
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: ポーチ
うんこが主役の「うんこミュージアム」が超映えスポットに!? うんこが噴火したり便器のプールで泳いだり…