米連邦判事、トランプ陣営の元選対本部長が「偽証」と判断

米連邦裁判所のエイミー・バーマン・ジャクソン判事は13日、2016年の米大統領選挙でトランプ陣営の選対本部長だったポール・マナフォート被告がロシア疑惑に関する捜査で司法取引に反して意図的に嘘をついたと判断したと明らかにした。

ジャクソン判事によれば、マナフォート被告は米連邦捜査局(FBI)やロバート・マラー特別検察官、大陪審に対し、複数の虚偽の陳述を行った。

マナフォート被告は昨年9月、国家に…

Source: CNN
米連邦判事、トランプ陣営の元選対本部長が「偽証」と判断