【コラム】ご飯を作りながら「台所で飲むビール」はいつもの10倍美味しい

映画館で飲むビールが、いつもの10倍美味しいことについては以前お伝えした通りだ。しかし、あまりに日常過ぎてスルーしていた、もう一つの「ビールが10倍美味しくなるスポット」がある。

それは──台所だ。ご飯を作りながら飲むアルコールって、異常なほどに美味しくない? キッチンドランカーだなんて言葉があるが、適正量を守れば台所で飲むのは超楽しいから! ご飯もルンルン気分で作れちゃうから!! 

・ご飯を作るエネルギーになる

朝から晩まで日々、一生懸命働くと疲れる。家でダラっと仕事をしている記者でさえそうなのだから、外で働いている人はなおさらに違いない。その上、子育てもしている人はさぞかし大変だろう。

さて、そんな疲れた状態でも、家に帰ると晩ご飯を作るという仕事が待っている。どんなに料理が好きでも、面倒になる日があるだろう。ちょいちょい手を抜くとしても、毎日適当にやり過ごす訳にはいかない。やはり自炊するしかない。

そこで助けてくれるのが、ビールをはじめとするアルコールだ! 飲みながら料理をすると、あら不思議。疲れがみるみるうちに取れ、頑張ってご飯を作ろうという気になる。まあ気のせいというか麻痺(まひ)しているだけだろうが、それでやる気が出るのであれば、儲けモンである。

・秘密基地で飲んでいる気分

生活空間の中でも、台所という場所は特殊だ。ほかの部屋より狭い割に、ありとあらゆるものが揃(そろ)っている。さながら、自分だけの秘密基地みたいな……そんな感じなのだ。

その中で飲むビールは、仕事帰りで疲れている云々を差し引いてもウマい。リビングで飲むよりも、断然にウマい。軽く10倍はウんマい。気分もリフレッシュされ、明日からもやってやるぜと思えるパワーを持つ、それが台所ビールだ。

もちろん飲み過ぎは良くないし、 “適度” が大事であることは言うまでもない。深酒すると作るのさえ面倒になって、元も子もなくなるしな。しかし、BBQなどをしながら飲むビールが美味しいように、料理を作りながら飲むとめっちゃ楽しい。

その上、料理を作らなければならないという義務があるため、普段よりも飲む量が減る……気がする。個人的には、割とメリットが多い気がしている台所ビール。料理を頻繁(ひんぱん)に作るという人は、試してみてはいかがだろうか。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース
【コラム】ご飯を作りながら「台所で飲むビール」はいつもの10倍美味しい