マフィアのボス射殺、容疑者を拘束 米NY市警

米ニューヨーク市の有力マフィアの「ガンビーノ・ファミリー」のボスとされるフランチェスコ・カリ氏(当時53)が今月13日、同市スタテン島の自宅前で射殺された事件に関連し、市警は16日、24歳の男を拘束したと発表した。

主任刑事は記者会見で、拘束されたのは銃撃犯と判断しながらも、捜査は完結していないと主張。今後は共犯者がいるのかどうかに焦点を当てるとした。カリ氏殺害の動機についても調べるとも述べた…

Source: CNN
マフィアのボス射殺、容疑者を拘束 米NY市警